MENU

野菜をつくろう! My Kitchen Garden

家庭菜園と聞くと、畑やお庭がないとできないものと思っていませんか?
しかし、マンションのバルコニーでもプランターで野菜を手軽に育てることができるのです!
バルコニーならわざわざ畑に行かなくても、ちょっとした空き時間を使ってかんたんに手入れができ、
収穫したての新鮮な野菜をすぐに料理することができます。
サイズがちょっと小さくても、自分で育てた採れたて野菜の味は最高です。
芽が出たらうれしく、花が咲いたら癒され、実ができるのをワクワクしながら待った後は収穫の喜びを味わう―。
野菜づくりは、種まきから食卓まで楽しみに満ち溢れています。
初心者さんでも大丈夫。ちょっとした知識と簡単な装備で、誰でも気軽に始められるのがプランター菜園のよいところです。
さあ、今年は"おうちで野菜づくり"にチャレンジしてみましょう!

必要な道具を準備しましょう

①プランター
7~8号くらいの鉢
②じょうろ
2~3リットルの容量で、自分が持てる程度の大きさのもの
③園芸用スコップ
土をすくう部分の幅が広いもののほうが便利
④はさみ
自宅にあるものでOK
⑤肥料
液体肥料か緩効性化成肥料。必ず「野菜用」と書かれているもの
⑥土
「花と野菜の土」など野菜用と書かれていて、肥料入りですぐに使える土が便利
※標準的な土袋は14リットルか20リットルで販売されており、7~8号の鉢には、4~5リットルの土の量が望ましいです
⑦種
小袋にたくさん入っているので、余った場合は冷蔵庫で保存すれば翌年以降も使えます

バジルの育て方

まずは育て方が簡単で、1鉢あると重宝するバジルを育ててみましょう。
バジルは3月ごろから種まきができ、トマトとの相性抜群の人気のハーブです。夏の暑さにも強いので育てやすく、6月~10月頃までの長い期間、収穫を楽しむことができます。

  1. 1.種まき

    種まきは、3月~6月が目安です。プランターに土を入れ、種が均等になるよう全体にパラパラとまき、上から土を5mmほど軽くかぶせます。日当たりのよい場所に配置し1日1回、水やりをします(後述「ここがPOINT!」参照)。

  2. 2.発芽

    地域や気候にもよりますが、約5日~1週間ほどで発芽します。

  3. 3.間引き

    発芽後3~4週間が経過し、芽がこみ合ってきたら間引きをします。大きく元気なものを残し、小さなものは根元からそっと引き抜きます。間引き菜もサラダなどに入れておいしくいただくことができます。

  4. 4.追肥

    種まきから2週間が経過したら、1週間に1回、規定量に薄めた液肥を水やりのときに追肥します。

  5. 5.摘心・収穫

    種まきからおよそ2ヵ月程度で収穫可能になります。15~20cmくらいになったら、収穫も兼ねて先端部を10cmほど切り取ります(摘心)。その後、脇芽が出てくるので同じように摘心・収穫を繰り返すと、何度でも収穫を楽しむことができます。

注:野菜の育て方は地域の気候により異なります。このページでは、関東の気候を基準にしています。おおむね関東~九州の太平洋側では、同じような育て方をします。日本海側や東北地方の寒冷地では、種まきの時期を1ヵ月程度遅らせてください。北海道はさらに1ヵ月程度遅らせ、5月以降に種まきをするとよいでしょう。

同じ時期に苗を植え付ける野菜

  • 青しそ
    和のハーブといわれている青しそは、育て方もバジルとほぼ同じです。1鉢あると、いつでも薬味として収穫できるので、大変便利です。
  • ベビーリーフ
    育て方がもっとも簡単な初心者向けの野菜です。種まきはバジルと同じ要領です。発芽後は、1日1回の水やりのみの作業で、約3週間~1ヵ月程度で収穫できます。外側の葉をはさみで切り取って収穫すると、内側の葉がまた伸びてきて、2~3回収穫できます。葉っぱの色が薄くなってきて全体的に元気がなくなってきたら、残り全部を収穫して栽培終了です。

ここがPOINT!

野菜づくり成功のコツは、台の上にプランターを乗せて、野菜に日がよく当たるように配置することです。
室外機の上なども上手に利用しましょう。

水やりは毎朝1回鉢底から水が流れ出る程度にあげるようにします。梅雨明け後の猛暑の時期は朝夕2回あげましょう。冬場は2~3日に1回程度で、土の表面が乾いたらあげましょう。

プロフィール
ベランダ菜園セラピスト/宮田範子

ベランダ菜園歴20年以上。普通のマンションのベランダで、幅広く野菜作りを楽しんでいる。野菜の栽培記録をつづったブログ「大好き☆ベランダ菜園」が人気で、現在は、ネットショップ「Nicoco プランター菜園EnjoyShop」を運営。著書「ベランダ菜園セラピー」など。
ブログ:「大好き☆ベランダ菜園」
ショップ:「Nicoco プランター菜園」EnjoyShop

プランター菜園は、簡単に始められ、栽培管理も比較的容易ですから、野菜づくりの初心者にとって取っ付きやすいものです。種まき、あるいは苗を植えたら、間引きとかそのほかの作業は菜園と同じですが、違うのは毎日の水やりと1週間に1回(化成肥料ならば2週間に1回)の追肥です。これさえやれば、コマツナの収穫やミニトマトの収穫が目の前です。どうぞ、プランター菜園を始めましょう。

第1回は、必要な農具・資材です。野菜づくりを始めたい人は、これらの準備をしましょう。栽培の各場面で必ず必要になるものなので、積極的に利用しましょう。使う用土ですが、原料も配合割合もよい値段の高いものが理想ですが、安いものでも構いません。その場合は、購入したのち、土に水をかけてよくかき混ぜ、2週間ほど置いてから使うとよいですよ。
バジルの育て方では、間引きの間隔(株間)に注意が必要です。間隔を最終的に20~30cmにするとうまく育てられます。花が咲いてくると葉が硬くなってしまうので、着いた花芽はすぐに取るようにするとよいでしょう。
バジルは、最近人気の野菜です。収穫した葉はそのまま利用し、ピザやパスタの材料に、またはバジルペーストや乾燥させて利用しましょう。 同じしそ科の青しそも育て方はほとんど同じです。大きく育った葉を天ぷらやサラダ、刺身のつまなどに利用しましょう。ただし、収穫の仕方は、下の葉を少し残し、若い大きな葉を採るようにしますと、柔らかな葉を収穫できます。バジルと同様にしそも花が咲くと葉が硬くなるので、花芽を取って栽培するとよいでしょう。栽培が終了したら種の採種もお忘れなく。採った種は次年度の種として使いましょう。

プロフィール 藤田 智(ふじた さとし)
1959年秋田県生まれ。岩手大学農学部、同大学院修了後、向中野学園高校の教諭、恵泉女学園園芸短期大学助教授を経て、現在は恵泉女学園大学人間社会学部人間環境学科の教授として教鞭をとる。その傍ら、家庭菜園や市民農園の指導、普及活動にも積極的に取り組む。「趣味の園芸やさいの時間」(NHK)や「世界一受けたい授業」(日本テレビ)などメディアにも多数出演し、野菜栽培に関する著書などは110冊を超える。
公式サイト:藤田 智 オフィシャルサイト「野菜日和」
クリオオーナーズクラブインタビュー記事はこちら

《ご注意ください》

  • ・バルコニーは非常時の避難通路としての役割があります。
     プランターで避難パネルや避難ハッチを塞ぐことのないよう、避難経路を確保しましょう。
  • ・落下の危険のある場所にプランターを設置するのはやめましょう。
  • ・枯葉や土を排水口に流すと、排水管詰まりの原因となります。こまめに掃除しましょう。
  • ・水やりの際は階下に水が落ちないよう配慮しましょう。
  • ・マンションの管理規約、使用規則を遵守して野菜づくりを楽しみましょう。
Page Top